【悲報】「週刊文春」の記者、米津玄師の実家をゲリラ訪問していた


昨年大晦日の『第69回NHK紅白歌合戦』の歌手別視聴率ランキングで、1位のサザンオールスターズ(45.3%)に次ぐ44.6%という高い数字を出した米津玄師。
『紅白』の舞台でも披露した「Lemon」は、フィジカルとダウンロード合わせて200万枚以上を売り上げた2018年最大のヒット曲だが、この『紅白』の視聴率は米津玄師の人気を改めて再確認させるものであった。
これだけの人気者になると出てくるのが、週刊誌による「プライベート暴き」の記事である。
すでに、11月29日発売の「女性自身」(光文社)では、米津玄師が20代の女性と都内のカフェレストランに3時間ほど滞在したのを写真付きで報じられている。
また、記事のなかでは、彼のことをデビュー当時から支えてきたという所属事務所社長の女性が、楽曲制作にかかりきりになる米津玄師をサポートするため、自宅マンションに深夜まで滞在することがあるとも記されていた。
1月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も同じような記事を掲載。同誌では、所属事務所社長の女性が私生活のパートナーだったこともあり、半同棲状態だった過去もあると報じていた。
正月明け早々、「文春」記者が米津玄師の実家をゲリラ訪問
ここまでは「女性自身」と対して変わらないのだが、「週刊文春」はひとつ大きく違うことをしている。
徳島県にある米津玄師の実家にまで記者が乗り込み、両親に直撃しているのだ。
記事では、1月6日に記者が出向き、『紅白』の感想を聞いている。
記者による<紅白はどうでした?>との質問に対し、父が<私、紅白、見てないんで。関心がないんで!>と会話を切ろうとする一方、
母は<いえいえ、そんなことはないんですけど。私たち両親は温かく遠くから見守っていくだけです>と一応場をおさめようとしながらも、
<取材はお断りしてくださいということなので、すみません>と、事務所から取材は止められていることを理由に、それ以上の回答は控えた一部始終が掲載されている。
米津玄師本人への取材であれば、100歩譲って許される場面もあるかもしれないが、
何の関係もない実家にまで押し入ってプライバシーを蹂躙するような取材は許されるものなのだろうか?RADWIMPS野田洋次郎はパパラッチ自宅訪問への怒りを曲に
こういった「実家への取材」を問題視し、それを曲にして訴えたミュージシャンもいる。
RADWIMPSは2018年12月12日に最新アルバム『ANTI ANTI GENERATION』に収録された「PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜」のなかで、パパラッチの取材への憤りを吐露しているのだ。
彼は歌詞のなかで取材の一部始終を具体的に描写し、そのプライバシー侵害へ怒りをぶちまけている。
<俺のとこなら100歩譲ったとしても/実家の親の家にへばりついて堂々直撃してきたな/「息子さん、苦節10年 成功してよかったですね 親御さんとしてどうですか?」?
あんたの親にも聞いたろか/よかったですね、息子さん無事立派に大きく育たれて/朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで/嫌がるのを無理やり話聞いて 許可も取らず写真撮って/
雑誌に載せて 稼いだ金で 今日も生きてる息子さんに/ひとこと何かありますか? ないですか? ないわけないですよね?/なくても聞いてくるのが息子さん 絞り出してでも言ってごらん>
曲タイトルに「この物語はフィクションです」と書かれているが、これは実際にあったことだろう。
ニュースサイト版「女性自身」(2017年1月18日付)には、記者が野田洋次郎の実家にまで押しかけ、さらに、出かけようとした母に対して<紅白出場おめでとうございます。
活躍ぶりをどう思われますか?>などと質問をぶつけた記事がある。
歌詞にある「息子さん、苦節10年 成功してよかったですね 親御さんとしてどうですか?」との質問との近似から、このエピソードは「女性自身」との一件なのではないかとも推測されるが、「
女性自身」以外にも同じような強引な取材を行った芸能マスコミはきっとあることだろう。
RADWIMPS野田洋次郎の実家に対する取材は『紅白』出場直後の出来事だったが、今回、米津玄師にも同じことが繰り返されてしまった。
アーティストの実家にまで突撃取材をし、プライベートな領域にまで浸食してコメントをとることの正当性はどこにあるのか。
そもそも、そのような記事が世に出る必要性はあるのか? 改めてマスメディアのモラルの見直しが求められている。
http://dailynewsonline.jp/article/1648851/
2019.01.12 06:05 wezzy


という記事を週刊誌が書く矛盾


こういうことするから来年以降、米津玄師みたいなタイプはNHK出なくなるんだよ


正月明け早々、「文春」記者が米津玄師の実家をゲリラ訪問
文春はなにかといえば 渦中の人物の実家訪問だな
それしかないってぐらいワンパターン


レモンだ?貴様この野郎


訴えろ


警察よべ


これで警察呼んだりしたら、逆恨み買ってとんでもない捏造記事を書かれるんだろうなぁ


問われるも何も、マスゴミにモラルがあったことなんて無いだろうに


世の中いろいろ変わったがマスコミのモラルは昔から最低のままだ


NGTの件で文春の手口バレちゃったからな
今年はマスコミによるマスコミ叩きが過熱するぜ


これは酷い


せめて取材を申し込めよなあ
美容院行ったり服もよそ行きの着とく時間を確保しないから嫌われるねん。


紅白見たら受信料請求されるからな
見なくて正解


全く見てなくてもテレビやワンセグ付きのスマホあれば受信料請求されるよ


パソコン持ってても駄目らしい
この前NHKとそれで喧嘩したわw


まあインタビューに来られて嬉しい出たがりの親も中にはいるからな


その場合は事務所に
インタビューOKをマスコミに
伝えて貰えばいいんじゃね?
それ以外は基本お断りで


普通に通報でいいよな
見知らぬヤツが家に押し掛けてきて
帰らないんだから
マスコミは誰の所にでも行って取材して良いなんて
お墨付きがあるわけでもないんだし


不倫とかモラルに欠けたことしたなら抑止力にもなるからいいが、本当にこういうのは糞だわ。


RADの野田って、母親との2ショット写真をインスタに載せてなかったっけ?
でたがりでミーハーなカーチャンだと思ったから
週刊誌の取材も実はよろこんでそう


秋元康や安倍昭恵や加計孝太郎など権力者のところにはインタビューに行かないマスコミ


秋元に今回のNGTの件で突撃して欲しいわ


音楽じゃないが昔はマンガの単行本には普通に作者の住所が載ってた
今なら色々面倒なことになってたろうな


芸能人の家族に取材申し込みなんて昔から普通にあるのに何で今回だけモラルがどうとか言ってんの


アポとるのとアポなし突撃は別だろよ
今までもアホだよ


どうやって実家の住所なんか調べるんだろう
毎度そこが気になるわ


うちの地元、某有名バンドの出身地だけど
駅前にタクシーが止まってて、聖地巡礼()しにくるヲタを載せて
メンバーの実家から学校やらすべて案内してくれる
メンバーの家いくと親があがってけって招き入れて、子供のころの写真も見せてくれる
紅白に何度も出てるレベル


というかわざわざ悪党みたいなことせんでも
普通に取材申し込んだけど断られたってだけでもそれなりに記事になるやん
今回も実家に突撃したってだけで別に新情報とかとれたわけでもなし
必要性ないのにやるってのはもう体質として染み付いてるってことでしょ


お前らどうせ有名税とか言うんだろ


米津は久しぶりの日本の本格的な歌手だからマスコミに壊されたくねぇな


息子の晴れ舞台を見ない父親


変わった名字やからな
一瞬で実家バレするよなw


おっかさん大人な対応やな(´・ω・`)
いらんことすんなよ文春


何年問われ続けてるんだよこいつら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。