【圧倒的】”詰将棋”の大会に参加した藤井聡太さん、一人だけ次元が違うと話題にwww



【将棋】藤井聡太六段が史上初のV4!詰将棋解答選手権チャンピオン戦
将棋の史上最年少棋士・藤井聡太六段(15)が、25日に全国3会場で開催された「第15回詰将棋解答選手権」のチャンピオン戦に出場し、小学6年(当時二段)だった2015年からの大会初の4連覇を果たした。
対局でも発揮している終盤力は詰将棋で培ったもので、改めて強さを証明してみせた。
詰将棋の解答の正確さ、速さを競う大会で、初級戦、一般戦との3段階があり、チャンピオン戦は、39手詰め以内の10問に挑む最高峰の大会。“光速の寄せ”谷川浩司九段(55)らプロ棋士に、女流棋士、奨励会員、アマチュアの過去最多105人が参加し、藤井六段は名古屋会場で参加した。
大会は各90分間の2ラウンド制(5問ずつ)で行われ、解答の点数が同じなら、解答タイムが早い方が勝るルール。藤井六段は第1ラウンドを55分で答え終え、全国でも唯一の50満点で前半戦を1位でクリア。続く第2ラウンドもさえ渡った。
藤井六段はチャンピオン戦参加5年目の15年に100点満点で最年少優勝。プロ入り後は2年連続となるV4を決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00010000-spht-ent


すげー


また一人だけ満点で一人だけ50分台で済ませてる


詰将棋の頂点?


ここで先日藤井六段の
えげつない感想戦を貼っておきますね。
糸谷「(△5六角で好防の角で藤井玉が)詰み(詰めろ)なんだ・・・」
藤井「(▲8四桂パチリ)」
糸谷「ん?・・・取ると?」
藤井「(▲8三)金で(△同玉▲7五)桂で(△7四玉▲8三)銀で(△6四玉に▲6六飛の王手で)縛って・・・」
糸谷「(次に△6五)桂(で合駒)の時に・・・?」
藤井「(△6五桂)が詰めろじゃないと言いたいんですけど」
糸谷「あ〜・・・なるほど?」
〜10秒間の沈黙〜
糸谷「流石にもうちょっとキレイな勝ち方があるんじゃないの?」
藤井「ありました?(8四桂馬を下げる)」
糸谷「ない?」
藤井「(この変化が)際どいのかなと思って、こっちも火が付いてるので」
糸谷「際どい・・・か?」
〜40秒の沈黙〜
糸谷「(▲8三)金取る所(変化)で▲2六桂で決まってるんじゃないですか?」
藤井「え?」
糸谷「(精算した後に)▲2六桂で(王手をして)」
藤井「それ(後手玉が)詰まないんで」
糸谷「詰まないけど・・・?」
藤井「詰まないと(笑)、火がついてると」
〜30秒の沈黙〜
〜▲8四桂△同歩▲8三金△同玉▲7五桂△7四玉▲8三銀△6四玉▲6六飛△6五桂の局面へ〜
藤井「これで(△6五桂が)詰めろだったら負けなんですけど・・・」
〜10秒の沈黙〜
藤井「(▲2三飛成)、(先手玉が詰まされたら)負けなんですけど、詰みませんか」
糸谷「こっちも歩打ちが効くというのか(△4三歩)」
藤井「あっ(▲3四龍)」糸谷「こう(△4四金)」藤井「(ノータイムで)(▲同龍)」
糸谷「詰むのか、そっか・・・」


えげつねぇ・・・


あわわ…


糸谷クラスでもこんな感じなの? 藤井強すぎないか?


これどういうこと?


若手バリバリの実力者(元竜王)より全然深読みしてたってこと


藤井六段が完全に見きってやってる事を
実力者の糸谷が全く見えて無くて恥ずかしいって事。


こういう事らしい。
糸谷▲4三歩の局面で「何かありました?」
→藤井、精算した後の△5四角を口頭で示す
→糸谷「それ(藤井が)桂馬持ってるし(糸谷玉が)詰むんじゃないの?」 ・・・
→藤井「詰みましたかねぇ・・・」
→糸谷「待って、詰まないかも」しかし理解できず。
→藤井、実際に,龍斌未鯣很未悩童修靴董∋綯に考える時間を与える
→糸谷、まだ理解できず。
→藤井、先に進めたいので口頭でどんな受けになっているかを説明
→藤井、置いていかれる糸谷を放置して「なので」と▲8四桂を打ち込む
→糸谷、理解する前に局面が進んでしまいパニックになる
→藤井、口頭で更に先に進める「金で桂で銀で縛って・・・」 ・・・
→糸谷、まだ,鰺解できないので考え続ける。
→糸谷、,墨誕蠅鯡瓩靴討れと催促。 「流石にもうちょっとキレイな勝ち方があるんじゃないの?」 ※ ,任梁┻佑澆了
→藤井、再び盤面を,北瓩靴董∋綯に考える時間を与える。
→糸谷、決まってる(詰む)とか言い出す。
→藤井、読み抜けたかと真剣に糸谷の話を聞き始める。
→糸谷、間違った手順を披露。
→藤井、「それ詰まないんで・・・」
→藤井、理解させる事を諦めて△某覆瓩襦
糸谷を置いていき△龍斌未
→藤井、▲2三飛成と先に進める
→糸谷、歩で受ける。
→藤井、受けになっていないので寄せる。
→糸谷、口頭で別の受けを提示。
→藤井、口頭で寄せを提示。
→糸谷、盤上で別の受けを提示。
→藤井、盤上で糸谷玉を詰ませる。
→糸谷、理解出来ない事を理解する。「詰む詰めろとか解りません。」


これは何度やっても勝てんわ
格の違い見せつけられてもう将棋辞めたくなるだろ


ほんとすげえ
なんでこんな差あるんだよこええなあ


次元の差がある大げさじゃなく


将棋今から覚えたら間に合う(解説についていって楽しめる)かと思って少しづつやってたけど
間に合う気がしない


あの糸谷が…(´;ω;`)


来年には名人になる可能性のある数少ない棋士のひとりなのにねえ
ていうか糸谷名人が誕生したら、また一つ藤井さんに伝説が加わってしまう


今回藤井六段に心をへし折られてスランプに陥らないか心配してる。自分ならあれは耐えられない


糸谷は元竜王、A級昇給ぶっちぎり、間違いなくTOP10に入る棋士
しかも棋界でも1,2を争う早見え早指し
それを藤井君は子供扱いしているといっていい
本物の天才
恐ろし過ぎる


とあるA級棋士「人間界1位を目指します」


なお書き間違いで爆死したもよう


第12回優勝 藤井二段
第13回優勝 藤井三段
第14回優勝 藤井四段
第15回優勝 藤井六段


藤井五段雑魚過ぎだろ


ククッ奴は五段の中でも最短


藤井五段だけ不甲斐ないな


藤井聡太五段 無敗 朝日杯優勝


藤井五段は棋戦優勝してるから


その「第○回」がそのままイコール年齢なんだよな・・・


こうか
第12回優勝 藤井二段(12才)
第13回優勝 藤井三段(13才)
第14回優勝 藤井四段(14才)
第15回優勝 藤井六段(15才)
—(以下、予想)
第16回優勝 藤井王座(16才)
第17回優勝 藤井三冠(17才)
第18回優勝 藤井五冠(18才)
第19回優勝 藤井名人(19才)
第20回優勝 藤井七冠(20才)


19歳じゃ最速でも名人戦前だね


詰将棋に愛されているとしか思えんな。誕生年まで同じなんて


やべーよやべーよ


ファブル藤井すげえ


これマジでファブルに見える
かっけーな藤井君w


似てるなw




確かに佐藤っぽいw


この偉業をサッカーで例えて


高2で天皇杯得点王で優勝に導く大活躍。プロ入り後も活躍を続け四連覇ぐらいかなぁ


中学生Jリーガーが得点王


天才だなあ。
さて、この人と結婚するのは誰になるんだろ。
やっぱりAKBグループとかかね


芦田愛菜ちゃんか本田望結ちゃん


ザギトワだろ


「詰将棋は実戦で使えないんで意味がない」って藤井より弱いナントカって棋士が言ってた。


まあ、詰め将棋と将棋の実力が同じじゃないのは確かかと
藤井六段が凄すぎるだけで


藤井先生!


「天才」という表現では物足りないな


なんやねんこのチートさは


頭の作りが違うんだろうね
この圧倒的な計算力を本将棋で活かせたら、そりゃ強いはずだわ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。