【朗報】藤井六段、至福の計145分を過ごす


大好きな詰将棋を心行くまで満喫した模様


※関連記事
【圧倒的】”詰将棋”の大会に参加した藤井聡太さん、一人だけ次元が違うと話題にwww


なお早退した模様


なお簡単すぎた模様


人間辞めとるわこんなん


【大阪】成績報告
2018年03月25日 16時56分25秒 | 第15回チャンピオン戦速報
「最後の問題が分かったのでまずまずです。しかし80点は取らないとなぁ(苦笑)」(谷川九段)
「最後にミスがありましたが、納得していますね」(斎藤慎七段)
おふたりには大阪会場上位賞として、詰将棋本を選んでもらっているところです。
(「100点の人がいました」の声に対して、例年のような驚きの反応はついになくなりました)



>(「100点の人がいました」の声に対して、例年のような驚きの反応はついになくなりました)
そらそうよ


去年は藤井、午前午後両方ミスありやで
午前は単なる写しミス、午後はそもそ完答者なしの難問


まーた天才がハードルを上げてしまったのか


100点ないのが当たり前だったみたいなの酷くない?


棋士も満点目指しますとは決して言わない大会だからね


逆に100点いなかったら驚かされそう


永世用意せーや


光速の寄せおじさん復活してきてるのヤバイ


衰えても音速くらいはまだあるタニー


結局優勝なん?


当然のように優勝やで


総合成績速報
2018年03月25日 16時36分26秒 | 第15回チャンピオン戦速報
優勝:藤井聡太六段 100点 145分
2位:宮田敦史六段 94点 180分
3位:及川拓馬六段 82点 180分
藤井六段が第12回以来3年ぶりの満点優勝。4連覇を達成しました。



すげー、やっぱ


六段とかいう魔境


化け物か


こいつなんやねん
欠点はなんや?


殿堂入りで作成側にまわした方がええやろ


誰も解けなくなる模様


問題作れても自分以外誰も解かれへんとか可哀想やな


ソフトは解けるのでセーフ


詰将棋解答選手権、先ほど優勝した藤井聡太六段の表彰式がありました。第2ラウンドについて尋ねると、「9問目までは比較的易しめでしたが…」



これが将棋星人ですか?


( ̄▽ ̄;)


今年は去年よりも手こずったんちゃう?
去年はケアレスミスあったけどもっと早く解けたやろ


出題側が対藤井専用の問題を用意したんやで
なお


藤井対策にくっそ難しい問題出した
そのせいで他のやつは部分点すらほぼ取れず


これは陰キャ


ワイいけるかもしれん


ほーん
解答時間見ると第5問と第10問で苦しんだっぽいからそこが対藤井か


退出せずにハラハラさせる藤井劇場
なお実際は余裕の見直しタイム


天才やな


それなりに歴史ある競技でこんな事あるんやな


飛車不成5回ってなんやねん
頭おかしなるで


なんでならずなんや
ならずが鳴り飛車にかってるところあるん?


打ち歩詰め回避するため


はえ〜


最低21手詰めの詰め将棋をやさしめとかいえちゃう頭脳がほしいわほんと


第1ラウンド5問目
正解1人
部分正解2人
第2ラウンド10問目
正解3人
減点1人
部分正解3人
その他全員0点


一流俳優みたいなマイクの持ち方やな


素晴らしい問題


制作側も意地になって他の受験者が置いてかれるパターンじゃね


控え目に言っても化け物やん


詰め将棋に関しては、歴史上最強なのではないか、これは


強すぎて草

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。